一般社団法人 相続知識検定協会 認定教育機関 50歳になったら相続学校

お問合せはこちら 03-5287-1080
メールでのお問合せ

相続知識検定

相続知識検定とは

有意な人材を育成することを目的としています。

「相続知識検定」とは、相続に関する法律・税制・不動産評価・株式評価・生命保険・建築・土地有効利用等のあらゆる制度を横断的に捉え、これらの知識を多面的に勉強することにより、国民生活にとって有意な人材を育成することを目的とした検定制度です。

相続スキルレベルのモノサシとして。

現在、多くの相続に関するコンサルタントを標榜する研修団体や組織が存在しますが、それらの方が相続に関しての知識や知恵が、どの程度のレベルで信頼に足るべきか、推し量るモノサシが存在しません。そこで、有意ある弁護士・税理士・不動産鑑定士・司法書士・行政書士・宅地建物取引主任者等が主体となり「一般社団法人相続知識検定協会」を設立し、本協会が、それらの相続分野の専門家に対し、レベルに応じた一定の試験を行い、合格者には認定証を与え、広く国民にその技量等の目安にしてもらおうという趣旨であります。

相続スキルレベルのモノサシとして。

相続知識検定協会では相続の知識レベルを3等級に分類し、上位2等級において相続知識検定を実施しています。
合格者には協会より認定証を発行しています。

  • 東京本校
  • 銀座校
  • さいたま校
  • 名古屋校
  • 筑紫校
pagetop